事業承継診断

事業承継診断

事業承継診断を受けてみませんか?

後継者の育成も考えると、事業承継の準備には5年~10年ほどかかります。60歳頃には準備に着手したいところです。
会社の大きな転機となる事業承継は、早めの準備、計画的な取り組みが肝要です。
自社の事業承継に対する現状やこれからの方向性を確認するため、一度自社について診断することをお勧めします。
(診断票はA4・1枚、約5分で作成できます)
相談の際の資料として、診断票をコピーして相談機関にお持ちいただいても構いません。
診断結果に応じた支援機関のアドバイスを受けられます。

事業承継診断フォーム



※Q1.にお答えいただくと診断が開始されます。該当する選択肢をクリックまたは選択の上、各質問へお進みください。

途中まで進んだ後、質問をさかのぼってやり直すと正しい診断結果が表示されない場合があります。その場合は、一度画面をリロード(再読み込み)してからやり直してください。

Q1.
会社の10年後の夢について語り合える後継者候補がいますか?
はいいいえ

それは誰ですか?
1.親族2.役員・従業員3.その他
※「はい」の方はQ2へお進みください。※「いいえ」の方はQ8へお進みください。

「その他」の方はご記入ください。

Q2.
後継者本人に対して、会社を託す意思があることを明確に伝えましたか?
はいいいえ
※「はい」の方はQ4~Q7をお答えください。※「いいえ」の方はQ8~Q9をお答えください。

Q4.
候補者に対する経営者教育や、人脈・技術などの引継ぎ等、具体的な準備を進めていますか?
はいいいえ

Q5.
役員や従業員、取引先など関係者の理解や協力が得られるよう取組んでいますか?
はいいいえ

Q6.
事業承継に向けた準備(財務、税務、人事等の総点検)に取りかかっていますか?
はいいいえ

Q7.
事業承継の準備を相談する先がありますか?
はいいいえ

それは主に誰ですか?
1.金融機関2.税理士などの士業3.M&Aの業者4.その他

「その他」の方は相談先をご記入ください。

Q8.
事業承継を行うためには、候補者を説得し、合意を得た後、後継者教育や引継ぎなどを行う
準備期間が必要ですが、その時間を十分にとることができますか?
はいいいえ

Q9.
未だに後継者に承継の打診をしていない理由が明確ですか?(後継者がまだ若すぎる等)
はいいいえ

Q3.
親族内や役員・従業員等の中で後継者候補にしたい人材はいますか?
はいいいえ
※「はい」の方はQ8~Q9をお答えください。※「いいえ」の方はQ10~Q12をお答えください。

Q8.
事業承継を行うためには、後継者を説得し合意を得た後、後継者教育や引継ぎなどを行う
準備期間が必要ですが、その時間を十分にとることができますか?
はいいいえ

Q9.
未だに後継者に承継の打診をしていない理由が明確ですか?(後継者がまだ若すぎる等)
はいいいえ

Q10.
会社の売却や事業の譲渡などによって引継ぐ相手先の候補はありますか?
はいいいえ

Q11.
会社の売却や事業の譲渡などについて、相談する専門家はいますか?
はいいいえ

それは誰ですか?
1.金融機関2.税理士などの士業3.M&Aの業者4.その他

「その他」の方は相談先をご記入ください。

Q12.
会社の売却や事業の譲渡などについて、実際に相談を行っていますか?
はいいいえ

Q13.
自社には承継したい会社独自の技術やノウハウがありますか?
はいいいえ

それは何ですか?

【グループ1:後継者決定企業様】
ご相談をご希望されますか?
希望します希望しません

【グループ2:後継者未決定企業様】
ご相談をご希望されますか?
希望します希望しません

【グループ3:後継者不在企業様】
ご相談をご希望されますか?
希望します希望しません

診断結果
  • Q4~Q7で1つ以上「いいえ」と回答した方→

  • 円滑に事業承継を進めていくために、事業承継計画の策定による計画的な取り組みが求められます。
  • Q8~Q9で1つ以上「いいえ」と回答した方→

  • 企業の存続に向けて、具体的に事業承継についての課題の整理や方向性の検討を行う必要があります。
  • Q10~Q12で1つ以上「いいえ」と回答した方→

  • 支援機関を通して、専門家や事業引継ぎ支援センターにご相談ください。

2017年度の診断結果はこちら
PAGE TOP