Blog Archives

Author: kmt-cci
• 土曜日, 10月 25th, 2014
前回に引き続き情報収集は重要ですよという事例を見ていきましょう。
  
  
(事例2)徹底した物件探しと通行量調査

ケーキ店を創業するにあたって、Kさんが最も力を入れたのは創業場所の選定でした。
人通りが多くて、しかも手ごろな家賃の物件というのはなかなか見つかりません。

不動産業者だけでなく、自分の足を使って物件を探し、目ぼしい物件については必ず
商圏人口と店舗前の歩行者数を調査しました。

物件探しを始めて1年後、希望通りの物件がやっと見つかり、勤務先の洋菓子店を
やめて創業しました。

創業後、すぐに顧客がつき、順調なスタートを切ることができました。
時間と手間をかけた物件探しが見事に当たりました。

★ポイント★ 実地調査は念入りに

通行量調査は単に店舗前の歩行者数を数えるだけでは不十分です。

時間帯、曜日(平日と週末)、天候などによる変化、ターゲットとする年齢・性別ごとの
歩行者数など、提供する商品や提供方法に照らしながら検討しましょう

迫田所長
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 10月 11th, 2014
今回から、創業前の情報収集について触れていきます。

自分だけで考えた事業の見通し(特に売上予測)は、過大になりがちです。

創業前の売上予測をより正確なものにするためには、第三者の意見を聞いたり、
市場調査を実施したりするなど、事前に綿密な情報収集を行うことが重要です。

創業前に情報収集し、予測どおりの売上を達成している事例をみてみましょう。
  
  
(事例1)直感を確信に変えた市場リサーチとモニター調査

電子部品メーカーで製品の企画を担当していたJさんは、通院していた整骨院の
治療器を一目見て、デザインやサイズに改良の余地ありと直感しました。

何人かの整骨医にリサーチすると「どの製品も似たり寄ったりだよ」の声。
そこで新しい治療器を考案・製造し、何人かの整骨医にモニター試用してもらいました。

すると「ぜひ購入したい。ほかの整骨医にも紹介するよ」と評価は上々。
販売ルートの見通しが立ったことで自信をもって創業しました。

★ポイント★ 消費者の生の声を聞く

結局のところ、新製品が売れるかどうかについて最後の審判を下すのは消費者です。
消費者の感触をつかむには、モニター調査は欠かせません。

ターゲットとする層だけでなく、ターゲット以外の層が抱く感想も貴重な情報になります。

迫田所長
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 9月 27th, 2014
前回まで「創業時の従業員の確保」について、3つの事例を見てきました。
今回はそのまとめをしてみたいと思います。

1 社員は家族から

 信頼できる人間だけで事業を始めたいというとき、もしくは人手が足りない
 けれども従業員を確保する時間的・金銭的余裕がない時などに頼れるのは、
 あなたを最もよく知っている家族です。

2 社員は勤務先の同僚から

 専門知識や技能に秀でた社員を採用したいのは、どの企業も同じですが、
 実際に使えるかどうかは雇ってみなければわからないという問題があります。
 自分が同じ職場で一緒に働いた同僚であれば、技術水準や人柄などがよく
 わかりますから信用できます。

3 社員は派遣会社から

 従業員を雇用するということは、人件費等経費を増加させます。
 従業員は本当に必要なのか、必要なら何人増やせばよいのかを十分に
 検討したうえで、採用を考えましょう。

〖従業員構成には一考を〗

 創業する際は、自分だけでも営業できる態勢を敷いたり、家族や元同僚などの
 信頼できる人材で固めることを考えましょう。

 そのうえで、特に忙しいときをどうやって乗り切るかを考えるべきでしょう。
 アルバイトや派遣社員の効果的な活用を考慮に入れることが必要です。

迫田所長
Category: 創業, 経営  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 9月 13th, 2014
「創業時の従業員の確保」について2つの事例を見てきました。
今回、もう1つ事例を見ていきましょう。

(事例3)社員は派遣会社から

機械設計業を創業したIさんは、正社員を雇うかどうかで迷いました。

事業開始にあたり、前勤務先からまとまった仕事を受注したのですが、
将来にわたって受注が入る保証はありません。

正社員を雇うと受注が減ったときに、採算が合わなくなる危険があります。
かといって、一人で現在受けている仕事をこなすのは無理な状況でした。

結局、正社員を雇わず、受注の多い期間だけ派遣社員を雇うことにしました。

創業前に心配したとおり受注にかなりの波が出ましたが、人件費を最小限に
抑えられたことで、収支は創業当初から黒字になっています。

★ポイント★ 繁忙期には外部の手を借りる

従業員を雇うことは、人件費等経費を増加させます。
従業員の働き以上に経費が増加し、赤字になっては意味がありません。

従業員は必要なのか、必要なら何人増やせば適正なのかを十分に検討し、
それから採用を考えるべきでしょう。

迫田所長
Category: 創業, 経営  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 8月 30th, 2014
前回は「創業時の従業員の確保」について、「社員は家族から」の
事例を見ていきました。

最も頼れる社員は家族ですよということを申上げました。
今回は、違った事例を見ていきましょう。

(事例2)社員は勤務先の同僚から

Hさんは大手の電機メーカーでソフトウェアの開発を担当していましたが、
独立してコンピューターソフト開発会社を始めることを決心しました。

腕のいい技術者を確保するため、勤務先の同僚二人に声をかけました。
その二人の技術と能力には日頃から一目置いていたからです。

将来的には株式公開するという夢を語り、自社株購入権(ストックオプション)を与え、
役員に迎えるという条件で誘いをかけました。

Hさんの人柄と技術力をよく知る二人は、Hさんの計画のなかに自分たちの夢を見出し、
一緒についてきてくれました。

★ポイント★ 気心の知れた同僚は頼りがいあり

専門知識や技能に秀でた社員を採用したいのは、どの企業もヤマヤマですが、
面接などの試験だけで判断すると、実際に使える社員かどうかは雇ってみないと
わからないという問題があります。

自分が同じ職場で一緒に働いた同僚であれば、技術水準や人柄なども
よくわかりますから信用できます。

迫田所長
Category: 創業  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 8月 16th, 2014
お盆も明け、今日から仕事という方も多いでしょう。
まだまだ暑い日が続きますが、元気に頑張りましょう。

さて、今回から「創業時の従業員の確保」について、
事例といっしょに見ていきたいと思います。

(事例1)社員は家族から

料理好きのGさんは、主婦になってからも天然酵母パン作りを
本格的に勉強し、パンの製造卸売業のパートも経験しました。

次第に自分の店を持ちたいという気持ちが膨らみ、ついにパン屋を
開くまでになりました。

最初は他人を雇うことに不安があったため、自分一人で始めました。

創業から数年たち、事業が軌道に乗るのにあと一息というところで、
Gさんの頑張りを助けてあげたいと、ご主人が勤務先を退職して事業に
参加してくれました。

夫婦二人の息の合ったパン作りが、お客様にも喜ばれています。

★ポイント★ 家族こそ最も頼れる社員

信頼できる人間だけで事業を始めたいというとき、もしくは人手が
足りないけれども従業員を確保する時間的・金銭的余裕がないとき
などに頼れるのはなんといっても家族です。

苦しい時にもあなたに信じてついてきてくれるのは、あなたを
最もよく知っている家族なのです。

迫田所長
Category: 創業  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 8月 02nd, 2014
前回は挨拶で終わりましたが、今回から前任馬場からの続きということで、
「エンジェル(支援者)づくり」について説明いたします。

今回も事例をみていきましょう。

(事例3)海の向こうにいたエンジェル

Fさんはある中堅商社の機械部品販売課長でしたが、
リストラで退職し、機械部品卸売業を創業しました。

ところが、創業後2ヶ月経ってもほとんど仕事がない状態が続きました。

そんな折、古くから付き合いのあるシンガポールの友人から
一本の電話がかかってきました。

「実は、アメリカの機械部品メーカーからアジア地区の総代理店になる者を
探しているとの連絡があったんだ。君ならできると思うんだが。」

Fさんは友人の紹介状を持って、アメリカに飛びました。

★ポイント★ 人脈を広げる

人脈はいざという時に役に立ちます。
はやりのSOHO起業家も、人脈を頼りに仕事を取ってくることが
多いといいます。

創業前にどれだけ人脈を広げておけるかは、成功のための重要なポイントです。

次回からは、創業時における従業員の確保について触れたいと思います。

迫田所長
Category: 創業, 販売促進  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 7月 19th, 2014
はじめまして。

日本政策金融公庫熊本創業支援センターの迫田です。

このたび6月16日付で、鹿児島支店より異動してまいりました。
出身は鹿児島で、中学の修学旅行で熊本城、水前寺公園を見た
記憶はありますが、詳しくは覚えてません。

週末を利用して、ゆっくり回ってみたいなと思っております。

さて、このブログでは主に「創業」に関することについて投稿して
いくことになります。

以前と比べ、創業マインドが高まっていることは間違いなく、
本ブログが少しでも役にたてばと思っております。

よろしくお願いいたします。

迫田所長
Category: 紹介  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes