Author: kmt-cci
• 火曜日, 3月 31st, 2015
3月10日、いわゆる「外れ馬券訴訟」の最高裁判決が出ました。

外れ馬券も含めた全馬券の購入費用が必要経費として控除できることになりました。
3年間の所得税額が、5億7,000万円から5,200万円に減額されるそうです。

馬券の払戻金が一時所得又は雑所得のどちらに該当するかということが焦点でした。

最高裁判決の要旨は、次のとおりです。

①長期間・多数回かつ頻繁に購入し一連の馬券購入が営利目的として雑所得に当たる。

②外れ馬券を含む一連の馬券購入行為が一体の経済活動の実態を有しているため、
  外れ馬券の購入費用は必要経費として控除できる。
      
  つまり、いつも馬券売り場に行って多額の馬券を買い続け、過去の購入金額も
  把握しておくことが必要となります。

普通の人にはちょっとハードルが高いですね。

競輪、競艇など他のギャンブルでも応用できそうです。ただし、違法なものはダメですよ。

Category: 税務・会計  | Tags:
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes