Author: kmt-cci
• 水曜日, 3月 25th, 2015
お店を開業するきっかけや想いは、その経営者により様々です。

今回ご紹介するお店は、四川省出身のオーナーが母の味を想いだし、
是非四川の味を伝えたいと作り上げたお店。

くまもとの胃袋と云われる子飼商店街に、担々麺専門店を始めたのは10年前。

「現在のお店に引っ越してからは2年になります。」

そう答えるのは10年目の店長。今も子飼で忠実に味を守り続けている。

辛さは6段階0辛~5辛まであり、初めての方には1辛がオススメ。
ゴマの風味と旨味が一番感じられる辛さです。

他に焼餃子や水餃子と担々麺のセットもあり、

ディナータイムは、豚しゃぶや麻辣豆腐もあり、すべてレシピは四川出身の
オーナーのオリジナル。

メニュータイトルの『智義』とは、オーナーのご両親の名前を1文字ずつ
取ってつけられたもの。

メニューはオーナーが母親の味を元に、考案した納得いくレシピのモノしかおかれてない。

席数は10席程度。

こぢんまりした店内だが、その内装は担々麺への想いだけを集約、表現されていた。

子飼で10年店が続けば本物^^といわれている。

四川美味
096-346-1268

営業時間
ランチ11:30~14:45
ディナー17:00~21:30
定休日 木曜日

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes