Author: kmt-cci
• 土曜日, 3月 21st, 2015
いよいよ来週金曜日、プロ野球の開幕です。
去年は最下位に沈んだスワローズも3月27日時点では同率首位です。
去年は4月でシーズンは終わりましたが、今年は最後まで楽しみたいものです。

さて、前回に引き続き「資金繰りの盲点、運転資金」について、事例を見ていきます。
  
  
(事例2)売上は伸びたが、長期の回収条件が資金繰りを圧迫

 繊維問屋の営業担当Bさんは、勤務時代の取引先の協力もあり、繊維資材卸売業を
 創業しました。

 しかし、取引を約束してくれた会社だけでは売上が伸びないため、苦労の末、
 新規販売先を2社開拓しました。

 売上金の回収は販売から3カ月後という条件でした。
 創業から半年が経ち、新規開拓した販売先からの注文が急増したところで運転資金が
 足りなくなりました。

 仕入先の支払いが1カ月後に現金で支払う約束だったからです。
 親戚に頭を下げて資金をかき集め、何とか危機を乗り切りました。

★売掛金の回収条件に注意★

 現金売りと違って掛け売りの場合、十分な売上をあげても、売上金回収までに予想以上に
 時間がかかり、月々の仕入や人件費の支払いに回す資金が逼迫することがよくあります。

 そのため運転資金の備えは欠かせません。

迫田所長
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes