Author: kmt-cci
• 水曜日, 3月 04th, 2015
平成26年度補正予算小規模事業者持続化補助金の公募が2月27日に開始されました。
第1次受付締切が3月27日(消印有効)、第2次締切が5月27日(消印有効)となっています。

小規模事業者持続化補助金は、経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取組に対し、
原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)がでます。

今回から、新たに「買い物弱者対策」に取り組む事業者については、補助上限額が
100万円となります。

また、複数の小規模事業者が連携して取り組み共同事業の場合は、補助上限額が
「1事業者あたり補助上限額」×連携小規模事業者数の金額となり、上限額が500万円
となります。

申請に当たっては、経営計画書と補助事業計画書の作成が必要になります。
その中で、総合的な評価が高いものから順に採択されることになります。

採択の可能性を高めるためには、

① 自社の製品・サービスや自社の強みを適切に把握すること。

② 経営方針・目標と今後のプランが、自社の強みを踏まえていること。
   さらに、対象とする市場の特性を踏まえていること。

③ 補助事業計画が具体的で実現可能性が高く、経営計画の今後の方針・目標を
   達成するために必要かつ有効な計画で、創意工夫の特徴があること

が必要になります。

小規模持続化補助金の申請には、経営計画書と補助事業計画書の作成が必要であり、
申請をキッカケに自社を見直す機会になりますので、チャレンジされてはいかがでしょうか。

なお、詳細につきましては、応募要領や商工会議所等で確認することが必要です。

Category: 経営, 資金調達  | Tags:
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes