Author: admin
• 木曜日, 2月 26th, 2015

カットを進めることで一つだけ
注意しておかなければならないことがあります。

非常にデリケートですが
社員さんのカットに対する認識に
注意を払う必要があります。

それは

1)自分の仕事を楽にしたいため安易にカットを考えるようになる
2)そもそも社員さん自身の作業スピードが遅いことの責任転嫁

が見受けられることです。

ですので

1)カットは社長自身だけが行う重要な経営判断として社内に認識させる
2)社員さんは、常に自分の仕事スピードとクオリティーの向上を考えるように促す

もし、社員さんが自ら

「このお客さんはカットした方がいい」

などと発言しようものなら

「てめぇ、自分の仕事っぷりが悪いからだよ!」

としかる必要があります。

もちろん、その為には経営者として全体像を
把握しておかなければなりません。

Category: 経営革新  | Tags:
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes