Author: kmt-cci
• 土曜日, 2月 21st, 2015
前回までFCの選定について、留意点と事例を紹介し、触れさせていただきました。
今回はそのまとめをしたいと思います。
  
  
1 FC本部の内容を重視

FC本部の指導には、事業のノウハウや技術に関する指導のほか、法律、税務、
資金繰りなどに関するものがあります。

それぞれの内容について、その充実度を加盟前にチェックするようにしましょう。

自分に不足する点を補ってくれるかどうか、自分の事業計画とマッチしているかどうか、
などの観点から本部を選びましょう。
  
  
2 生の情報は加盟店から

直接オーナーから体験談や営業状況を聞くことで、そのFCの実態がより明確になります。
また、異なるFC加盟店から話を聞くことで、それぞれのFCの特徴が見えてくるでしょう。

FC加盟の前に加盟店訪問を行うことは、加盟先選びの有効な手段です。
礼を尽くして接すれば、先輩加盟店としてよきアドバイザーになってくれるでしょう。
  
  
3 収支見込みは自分の手で

同じFCに加盟していても、個々の加盟店の売上等には差が出るのが実状です。
事業の成果はFCの力だけではなく、自分の経営姿勢にもかかっています。

成功するには、夢や目標の実現に向かって何としてもやり遂げようとする
熱意と努力が重要です。
  
  
〔FC加盟でも重要な経営者の自覚〕  

FCはノウハウや信用力を補ってくれる貴重な存在ですが、経営するのは自分です。

アルバイトや従業員をいかに使いこなすか、判断の難しい局面でどのような
経営判断を下すかは、自分次第です。

FCの力と自分の力をうまくマッチさせて結果を出していくかが重要な課題となります。

迫田所長
Category: 創業  | Tags:
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes