Author: kmt-cci
• 金曜日, 2月 13th, 2015
Q:亡祖父の代から経営している工場を引継ぎましたが、
  その敷地は祖父の名義のままとなっています。
  私の名義に変更しておいた方が良いでしょうか?
  
  
A:①相続による名義変更登記(相続登記)は、申請までの期間制限が
   ありませんので、事例のような場合が多々あります。

  ②しかし、物件を担保に資金を借りる場合、
   物件の売却資金で新事業所に移転する場合等、
   相続登記を先に行う必要があり、手続に支障が出ます。

  ③また、相続人の過去の話合いで承継者が決まっていても、
   手続時に事情変更により拒否される例もあります。

  ④事業への影響を考え、お早めの相続登記が望ましいといえます。
   なお、司法書士会では2月を「相続登記はお済ですか月間」として、
   無料相談を実施しています。

Category: 事業承継, 法律  | Tags:
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes