Author: kmt-cci
• 木曜日, 1月 22nd, 2015
まず、平成27年、また今後の労務管理を行う上でのキーワードを申しますと、

◆採用と教育
◆福利厚生の向上
◆女性・高齢者・障害者の活用

であると考えております。

具体的に申しますと、採用と教育については「見える化」「伝わる化」、そして
プロセス管理になってくると考えております。

この点、人事部がある大企業は出来ているかと思いますが、中小企業においては
これから充実させるべきところも多いかと思います。

また、教育について補足するなら「倫理・道徳教育」「社会貢献」は今後欠かせない
要素となってきますので、労務管理上、意識して行う必要があると思います。

そのほかには、人事・賃金評価制度や賃金アップなどありますが、個人的には
今後の労務管理上、特に若い方は上記を充実させることが必要であると思って
おります。

Category: 労務  | Tags:
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes