Author: kmt-cci
• 火曜日, 1月 06th, 2015
新年あけましておめでとうございます。
今年も「孔明ず」をよろしくお願いします。

最近読んだ本の中に4Aオブ・マーケティングという本があります。

マーケティング理論ではフィリップ・コトラーの4Pが有名です。
4PとはPlace(流通チャネル)、Price(価格)、Product(製品)、Promotion(プロモーション)
の諸方策をいいます。

ところが、4Pを駆使してもうまく売れないものもあります。

そこで、マーケティングの新たな考え方として4Aという考え方を提唱しています。

4Aとは
Acceptability(期待水準を超えて使用したい)、
Affordability(収入・資産からみてこの製品を購入できる)、
Accessibility(簡単にこの製品を買うことができる)、
Awareness(製品ブランドやカテゴリーをよく知っている)
のことです。

なんだか難しそうな感じもしますが、画期的な製品であったセグウェイがなぜ売れずに、
ルンバがなぜ売れたのかなど、わかりやすく解説してあります。

興味のある方は是非一読されることをお勧めします。
「The 4A・オブ・マーケティング」
著者:Jsgdish N.Sheth Rajiendra S.Sisodia訳:小宮路雅博
同文館出版

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes