Author: kmt-cci
• 金曜日, 12月 26th, 2014
Q:当社の隣地に空家があり10年以上前から人の出入りが無い様子です。
  先日、強い風が吹いて屋根材の一部が飛んできて、
  倒壊の危険性もあるようですが、打つ手は無いのですか?
    
    
A:①人口減少等による空家の存在が社会問題となっており、
   先月、「空家等対策の推進に関する特別措置法」が成立しました。
   6か月以内に施行される予定です。

  ②この法律では、不使用が常態で倒壊の危険性のある空家については、
   市町村長が調査し、所有者に対し除却・修繕等の勧告・命令を行うことができ、
   履行されない場合、所有者に代わって措置を講じることができます。

  ③また、同法には行政による空家情報の整備も規定されています。
   事例の状態になる前に活用・保全していくことが重要といえます。

Category: トラブル, 法律  | Tags:
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes