Author: kmt-cci
• 月曜日, 11月 10th, 2014
平成26年10月に自家用車等で通勤する際の通勤手当について、
非課税限度額が引き上げられました。

税務上の限度額に基づいて通勤手当を支給している会社などでは、
通勤手当の額を変更するかどうか検討の必要があるかもしれません。

また、この改正は、平成26年4月1日以後に受取るべき通勤手当に
遡及して適用されます。

限度額を超えて通勤手当を支給している会社では、年末調整で
精算することになります。

年の途中で退職したなど、年末調整で精算する機会が無い者は確定申告で
精算することになるため、源泉徴収票の再交付を受けることが必要になります。

Category: 税務・会計  | Tags:
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes