Author: kmt-cci
• 水曜日, 10月 29th, 2014
上乃裏通りにある、ワインバーの看板が魅力的。

小さくて、素材はなんと!紙。

<目立たない入口>にある<目立ってる>ワインバーの看板。

取り付け位置、サイズ、照明の色すべてがプロデュースされていて
夕方なのに、すっと、ココロに留まる。
(夜なら当然目につくのだが、明るい時間に目に留まる効果が秀逸なのだ)

この街並みの道幅は狭く、人通りも少なくまだ明るい時間帯、
光の色などでホッとさせる手描きの看板だ。

紙の素材を安いとは感じさせない。

紙の色、質感や手描きが店の店主の想いをそのまま表現している感じ。

高級なデザインテクニックに脱帽^^

いろんなワインのたしなみ方はあるとは思うのだけれど、

このTBarでいただくワインは気軽にコーヒー感覚で1杯やれそうな、そんな誘い上手が表現されていた。

ん~お見事!

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes