Author: kmt-cci
• 土曜日, 6月 07th, 2014
今回から、『創業に役立つ豆知識』シリーズは
「エンジェル(支援者)づくり」について説明いたします。

創業時の企業へ資金などを援助してくれる人を
「エンジェル」といいます。

アメリカでは創業の活性化に大きな役割を果たしていますが、
日本でも重要性が認識されるようになってきました。

さて、どうすればエンジェルが舞い降りてきてくれるのでしょうか。

(事例1)
住民がエンジェルに

Dさんは、知人の住む山奥の村で注文家具製造業を立ち上げる
準備に入りました。

創業資金が1,000万円必要でしたが、自己資金は550万円しか
ありませんでした。

そこでDさんは、地元の村人たちを集めて創業計画を説明し、
自分の事業が村の活性化にいかに役立つものなのかを
熱心に語りました。

その結果、知人を含めて3人の村人から450万円の出資を
得ることができました。

創業してからも、村人たちは販売面などで事業を支援してくれています。

☆ポイント☆ 
エンジェルは成功した資産家と思われがちですが、実は身近で
ごく普通の人たちが大半です。

あなたのエンジェルも身近なところにいるはずです。

Category: 創業, 経営, 農商工連携  | Tags:
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes