Author: kmt-cci
• 土曜日, 4月 12th, 2014
今回から、『創業に役立つ豆知識』シリーズは「創業のアイディア」について説明いたします。

創業のアイディアは、どうしたら手に入れられるでしょうか。自分なりのアイディアは、過去に経験したことの知識を組み合わせることで得られます。事業に関するアイディアは、その事業を自ら経験し、知識を組み合わせることにより生まれてきます。

では、事例を見てみましょう。

(事例1)工事現場の監督経験から土のリサイクルを発想

建設会社で現場監督を勤めるAさんは、悩んでいました。工場で掘り起こした土は粘土質であるため工事に使えず、山奥などに廃棄し、新たに建築用土を買い入れなければなりません。たくさんの無駄を出すとともに、環境破壊を進めていました。試行錯誤の末、粘土質の土を固化剤で固めて建設用にリサイクル技術を開発しました。この技術を基に環境にやさしい建設業を創業しました。

☆ポイント☆

ビジネスニーズは、問題の発見から始まります。将来の子供たちのためにも環境を破壊したくないという強い問題意識がアイディアを生み出したのです。

Category: 創業  | Tags:
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes