Archive for ◊ 5月, 2013 ◊

Author: kmt-cci
• 金曜日, 5月 31st, 2013
1 クーリングについて
前回まで、有期労働契約の通算契約期間が
5年を超える場合、労働者は無期転換の
申し込みをすることができると申し上げましたが、
有期労働契約と次の有期労働契約との間に、
契約がない期間(空白期間)がある場合、
その空白期間より前の有期労働契約は
通算契約期間(5年)に含めません。

これをクーリングと通称します。

但し、その空白期間の長さは、法律で決まっており、
それより短い場合は、空白期間より前の有期労働契約も
通算期間に加えます。(クーリングは発生しません。)

2 具体的には、有期労働契約の期間が
1年以上の場合は、空白期間は
6ヶ月以上でなければなりません。

 その他は次のとおりです。
有期労働契約期間   適法な空白期間
①2ヶ月以上       1ヶ月以上
②2ヶ月超4ヶ月以下   2ヶ月以上
③4ヶ月超6ヶ月以下   3ヶ月以上
④6ヶ月超8ヶ月以下   4ヶ月以下
⑤8ヶ月超10ヶ月以下  5ヶ月以下
⑥10ヶ月超       6ヶ月以下

適法に有期労働契約が終了し、
上記各空白期間が経過した場合には、
次の有期労働契約から5年の通算期間が
計算されることになります。使用者としては、
検討すべき事柄になると思います。 

Category: 法律  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 木曜日, 5月 30th, 2013
求人広告は何処にしたほうがいいのか?
無料のところであれば問題ないのですが、有料の場合、
費用対効果をしっかりと見極める必要があります。

皆さんもご存知の通り、求人広告には以下のように
様々な手段がありますので、どの媒体を活用するのか
事前にしっかりと検討しましょう。

1. 縁故

2. ハローワーク

3. 再就職支援会社

4. 採用広告(紙媒体)

5. 採用広告(ネット)

6. 人材紹介会社

7. 人材派遣会社

それぞれにメリット・デメリットがありますので、
しっかりと理解した上で活用する必要があります。

年齢によって、またスキルによって
求職者が見ている媒体が違う、業界によって紙なのか、
ネットなのか求職者が見ている媒体違うことなどの分析を行い、
募集を行いましょう。

Category: 創業, 労務  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 水曜日, 5月 29th, 2013
目標管理の成果を上げる方法として、目で見る目標管理が
効果的と考えられます。

目で見る目標管理とは、ボード等を活用し目標管理の書類を
わかりやすく、見やすいレイアウトと表示方法で掲示し、その前で
関係者が内容の検証を行いながら、目標管理サイクルを回していく取組です。

目標管理を導入している企業では、通常、目標管理の書類は
ファイルに綴じられていたり、パソコンの中に入っているケースが多く、
途中で実施状況のチェックやレビューが十分に実施されず、
目標管理が効果的に行われていないケースも見られます。

これに対し、目で見る管理による目標管理を行うと、確実にチェック等が
実施され、目標値の達成率が高まります。

すなわち、目で見る管理を実践することにより、情報を共有化して、
誰でもがいつでも検証し、指示し、さらに結果のフォローアップを進めることが
可能になり、成果に結びつけることができます。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 5月 28th, 2013
昨年1月にJR東日本が「地域再発見プロジェクト」の一つとして、
上野駅に各地域の「旬のもの、地のもの、縁のもの」を販売する
地産品ショップ『のもの』がオープンし人気を得ている。

地元ではだれもが知る人気商品でも、全国的知名度の乏しさや
供給量の少なさなどから、メガ流通に乗らない商品は意外と多い。

マーケティング的には、作る側と買う側の情報格差が大きい商品ほど、
伸びしろが大きいという経験則がある。

ありきたりのナショナルブランドやプライベートブランドに飽き飽きした
大都会の消費者には、ローカルブランドが新鮮に映り、
大きなチャンスが眠っているのかもしれません。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 月曜日, 5月 27th, 2013
そのとき私は、

今一度考え直すこと、

人材銀行(当時あった管理職・専門職・技術者等の専用のハローワークであり、
前職よりも好条件で再就職することも可能であった)に行ってみること、

今まで貯めたお金は将来の住宅資金としてキープしておくこと、

どうしても独立したいのであれば、先ず、協力者となるべき夫人だけにでも
説得に当たること等を提案し、次に会う日を約束した。

2週間後、夫婦と再会する。

「考え直し、人材銀行へも行こうとしましたが、
 やはりどうしても創業したいのです
 ・・・高齢者専門の宅配弁当屋さんを・・・FC店として
 ・・・妻は未だ納得してはおりませんが・・・」と呟く彼。
 

Category: 創業, 経営革新  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 5月 25th, 2013
お客様の注目・興味を引くために様々な広告表現の工夫をされていると思います。
今日は注目させるための大きなポイントの一つをお話しますね。

それは、お客様の立場で作られているか、自分勝手に作られているかの違いです。
広告物を見るのはお客様ですから当然のことながらお客様側からの視点が必要になります。

写真の二つのチラシのタイトルを見比べてみてください。

両方共同じ日に織り込まれた税務・会計系のコンサルタントのセミナー集客用のチラシです。
 

 
「奥様経営塾」「一日でわかる会計情報活用」

どちらが反応が取れやすいかお分かりですよね。

「奥様経営塾」がターゲットを明確にしているのに対して「一日でわかる会計情報活用」は
誰に見て欲しいかがはっきりしません。

つまり誰に対して提供された情報なのかが分かることが重要なのです。
これを「顧客の特定表現」と言っています。

あなたのビジネスのターゲットを明確に表現してあげるだけで反応が確実に上がりますよ。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 金曜日, 5月 24th, 2013
Q:私の会社も創業30年を迎え、後継者に引継ぐことを検討していますが、
  創業したときの思いを伝える方法はないでしょうか?

A:会社の「定款」を利用しましょう。

 ①創業時には、企業としての社会的役割、経営理念など、
  様々なことに思い巡らしたと思いますが、
  これを表現する機会も少なく、第三者に伝えるには工夫が必要です。

 ②定款は、商号・目的等を決める会社の説明書といえますが、
  法律上の記載事項の他、経営理念等を記載することもできます。
  
 ③事業承継は一例で、創業時や、出資を募る場合等も、
  企業の存在意義を示すことができます。
  創業時の思いを将来に繋げるため、ひと工夫されてはいかがでしょうか。

Category: 事業承継, 創業, 法律, 資金調達  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 木曜日, 5月 23rd, 2013
今回の「作業効率悪すぎ」では、弊社デザイナー&販促ディレクターのお仕事を例にお伝えしてきました。 問題点

 1)得意、不得意の仕事がある(このケースはほとんど不得意でした(とほほ))

 2)仕事の作業手順があいまい

 3)知恵を使う仕事ができない

対策

 1)不得意な仕事を細かく分解し、簡単にする

 2)作業はエクセルにまとめて必ずチェック

をやってきた様子をお伝えしました

最後に「頭を使う」仕事の習得について

“職責フロー”なるものを各職種について作っていきました

職責フローとは

 1)しなければならないこと(義務)

 2)してはいけないこと(制約)

 3)必要な能力

 4)使える資源

という4つの項目を明確化するものです

これで、何をやって良いか分からない

とか、何を勉強すれば良いか分からない

を少しずつですがなくすことができてきています

引き続き社内体制、人材育成に尽力していきます!

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 水曜日, 5月 22nd, 2013
復古創新
(継承と革新)

継承だけでは時代に合わない場合がある。
 
その都度時代に合わせた革新をしていくことこそ心とモノの価値を高め、
経験の蓄積を行う事こそ未来につながる。===群言堂 松場登美
 

 
 
松場登美さんは島根県世界遺産に登録された石見銀山に本店を持つ。
2008年には日経ウーマンオブザイヤーに入賞された、日本大好き人間。

復古創新この思想で創られた店づくりは癒しの空間であり、みごとな商空間である。
思わずなにか手に取り買ってしまう、そして日本の好さをしみじみと見直させられます。

常に進化する 群言堂さんの新情報はこちら
http://www.gungendo.co.jp/

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 5月 21st, 2013
「基本」というと、もう5~6年前になるでしょうか、夏の甲子園決勝、
劇的大逆転で優勝した佐賀県立佐賀北高校を思い出します。

ごく普通の生徒が通う進学校。
そんな高校が、野球エリート校を次々に倒して全国制覇。

練習時間は放課後の2時間だけだったとのこと。

この2時間、徹底して取組んだのが「基本」だそうです。
投げる基本、打つ基本、守る基本、走る基本、連携の基本等々。

監督が語っていました。

基本がどこよりもしっかりしているから応用が効くそうです。
応用とは、状況ごとの各人の対応力でしょうか。

京セラ稲盛流に言えば、“昨日より今日、今日より明日、明日より明後日と自分の仕事、
自社の仕事に創意工夫を重ねて、毎日毎日コツコツコツコツコツコツコツコツ・・・が勝つコツ”
だったような気がします。

やっぱり、継続に勝るものはなし・・・か? 

Category: 経営革新, 販売促進  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes