Archive for ◊ 11月, 2012 ◊

Author: kmt-cci
• 金曜日, 11月 30th, 2012
今回は株式会社の会社登記についてお伝えします。
まず、代表的な登記事項を見てみましょう。

①商号 ②本店の所在場所 ③公告方法 ④事業目的 
⑤株式数 ⑥資本金 ⑦株式譲渡制限 ⑧役員の住所・氏名、等

これらを変更した場合、2週間以内に法務局に登記申請をする必要があります。

では、過失で登記をしなかった場合、どのような事態が生じるでしょうか?

例えば、A社の取締役Bが退任後、その登記をしなかった場合、
Bが退任前の権限で勝手に行った退任後の第三者との契約を否定できない可能性があり、
また、登記を怠った制裁として代表者が100万円以下の過料に処せられる
危険性があります。 

登記は、自社の信用や権利の保全に役立つ公的証明となりますので、
適切に行いましょう。

Category: トラブル, 創業, 法律  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: admin
• 木曜日, 11月 29th, 2012
整理したお客様とのお付き合いパターン

1)お試し → 定期 → 継続Or終了:複数回
2)お試し → 単品 → 定期 → 継続Or終了:複数回
3)お試し → 単品 → 終了:一回
4)お試し → 終了:一回
5)単品  → 定期 → 継続Or終了:複数回
6)単品  → 継続Or終了:複数回
7)単品  → 終了:一回

なんと、4,7の一回きりで終わっているお客様の合計が
80%を超えていました。

そこで私たちができることを、しゃべりたいのをぐっとこらえて
スタッフたちでアイデアを出させました。

私たちが理想としているお客様の状態は、1,2,5,6です。

4,7のお客様に2回目、3回目の購入をしていただかなければ
会社に利益が残りません。

果たして、キューイシステムのスタッフたちはどんな
作戦を実施するのでしょうか?

答えは次回

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 水曜日, 11月 28th, 2012
<POPは一番の誘い水>2

寒くなると、お店の商品も温かさを感じられる内容を求められることが多そうです。

その商品をご紹介する 大切なPOPも温かさを伝える手段の一つです。

今回紹介するお写真の<温かPOP>は3人の方がそれぞれ書いておられます。

どの紹介も想いが表現でき、商品への愛がこもってて、素敵です。

思わず写メしたものです。

書画風やイラスト風 手書きPOPの指導やレッスンも受けられますよ。

店作りにPOPは欠かせません。

楽しみながらやってみませんか?

Category: 創業, 販売促進  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 11月 27th, 2012
前回鹿子木担当の11月13日ブログでは、いろいろな業界で1番といわれるような
トップ営業社員の多くは“よくハガキを書く”ということについてご紹介しました。

さて、新規開拓の7回目の今回は、『アポイント』についてです。

営業社員の頃の私の新規開拓は、ほとんど飛び込み訪問でした。

広告会社にいましたので、チラシを見て“これは”と思う企業やお店にアポなしで
突然訪問していました。

飛び込み訪問は、断り文句に慣れさえすれば気楽な営業方法でした。
もちろん、成功の確率が非常に低かったのは言うまでもありません。

実は、訪問の許可(アポイント)を取るのが苦手でしたので、
気楽な飛び込み訪問に頼って効率の悪い新規開拓をやっていたという訳です。

現在でもアポイントを取るのが苦手な営業社員が多いのではないかと思いますが、
いかがでしょうか?

このアポイントの取り方については、次回(12月11日)の鹿子木担当ブログで
ご紹介してみたいと思います。

Category: 創業, 経営革新, 販売促進  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 月曜日, 11月 26th, 2012
給与支払いのある事業所では、年末調整の準備が進んでいる
のではないでしょうか?

平成24年度の主な変更点は、以下の2点です。

1.生命保険料控除の改組
   生命保険料は、「一般」「個人年金」に加えて「介護医療」が追加になりました。
   また、それぞれの控除額の限度が5万円から4万円になりました。

2.非課税限度額の変更
   自動車などで通勤している人の、運賃相当額までが非課税とされる
   措置が廃止されています。

毎年同じことの繰り返しのように見えますが、細かな部分での改正は
行われているのですね。

Category: 創業, 法律, 税務・会計  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 11月 24th, 2012
今回から、「事業計画書の作り方」について見ていきます。

思い描いた事業をいかにして実現していくかを表したものが事業計画書です。

決まりの様式はありませんが、創業時に作成する「創業計画書」は
日本政策金融公庫のものが一般的です。

公庫のホームページで確認することができます。
http://www.jfc.go.jp/k/mousikomi/index.html

事業計画書は、金融機関や事業の協力者への説明の際に必要となります。

また、説明する必要がない場合であっても、自分の事業が本当に実現可能なのか
確認する意味で、事業計画書の作成は必要なのです。

何度か書きなおすことによって、自分が本当にやりたいことや成功の見込み
などがはっきりしてきます。

ここで、重要なことは自分の実力を冷静に分析することです。

BK等からの支援を受けやすくするために体裁を整えても、
事業自体が継続できなければ元も子もありません。

次回に、具体的な作成手順を見ていきます。

Category: 創業, 資金調達  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 金曜日, 11月 23rd, 2012
前回、金融機関が果たすべき役割として、まず、債務者企業の経営課題の
把握・分析等が求められていること、そのポイントについて触れました。

そのうえで、「金融監督に関する指針(コンサルティング機能の発揮に
あたり金融機関が果たすべき具体的な役割)」は、金融機関に
(2)債務者の課題認識・主体的な取組みを行うよう促すことを求めています。

当然のことですが、事業をどのようにするかは、経営者が最終判断を
しなければなりません。

上記「指針」は、金融機関が、本質的な経営課題を、経営者が正確かつ十分に
認識できるよう適切に助言することを求めています。

そして、さらに経営者による経営課題の認識が不十分な場合は、他の金融機関、
外部専門家、外部機関等と連携し、経営課題の認識を深めるよう働きかけ、
経営者の主体的な取り組みを促すとしています。

経営者は、通常は自己の事業について一番知っていると思います。

しかし、自分のことであるが故に、かえって気付かないこと・見過ごしていることも
あるかもしれません。

金融機関その他外部の第三者とのやりとりで、「自分」と「第三者」の認識・視点を行き来する
ことで、経営課題の認識を深め、事業の方向・内容を自らの責任で決めなければなりません。

「経営」は本当に大変です。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 木曜日, 11月 22nd, 2012
今回は年金制度についてお話します。

つい先日、年金支給額を減額する国民年金法改正案の修正案が合意され、
今国会で成立しました。

これにより来年10月から年金の減額が始まることになります。

公的年金は物価変動に合わせて支給額を決める仕組みになっています。

2000年度以降の物価下落時に、支給額を据え置いてきた結果、
年金額は本来より2.5%高い特例水準の状態が続いています。

厚生労働省によると、特例水準で余分に支払われる年金は年約1兆円で、
年金財政を圧迫する要因のひとつになっていました。

引き下げは、来年10月(1%)、2014年4月(1%)、2015年4月(0.5%)の
3段階で行われ、2.5%高くなっている年金支給額は本来の水準にまで引き下げ
られることとなります。
 

Category: 労務, 法律  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 水曜日, 11月 21st, 2012
管理・間接部門の個人の机は、業務を行うための作業場であり、
1日の就業時間の中で使用する頻度が最も高い場所です。

個人の机の5Sを進めることにより、作業場である机の廻りで
発生しているムダを排除し、スペースを確保することができ、
業務の効率化と質の向上をもたらすことを可能とします。

個人の机の5Sは、次の手順ですすめると効率的です。

① 廃棄できる書類を整理し、業務の完了した書類をファイルする。
② 引き出しに何を置くかを明確にした「個人の机の管理基準」を作成する。
③ 引き出しには、「個人の机の管理基準」で定めた保管物を表示し、
   表示以外のものは廃棄する。
④ 事務用品の手持ち基準を設定する。

一般に個人の机の上、引き出しの状態を見れば、その人の管理能力が分かる
と言われています。

皆さんの引き出しに使っていないものは入っていませんか?

引き出しに入れるものは決めていますか、置き場所は決まっていますか、
また表示していますか。

机の上、机の中を整理することにより、作業効率は高まると思います。
是非実行してみてください。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 11月 20th, 2012
2012年は団塊の世代が65歳を迎えるということで
2012年問題として捉えられています。

この事から、最近の小売業界のターゲットは高齢者に
絞られている感があります。

確かに経済的にみれば有望な消費層である事は間違いのない事
でしょうが、当の高齢者は自身がシニアと呼ばれることに違和感を
持っているのではないでしょうか?

ある広告代理店が60歳以上の生活実態調査を行ったところ男性5タイプ、
女性6タイプに行動パターンが分かれるといった分析データーがあります。

つまり画一的なシニアイメージは通用しない事が分かります。

団塊シニアはアイビーファッションで身を飾り、ビートルズを愛した世代だと
いうことを理解すれば、新たに大きな市場が眠っている事に気づきませんか?

ちなみに私も先月還暦を迎えました・・・

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes