Archive for ◊ 7月, 2012 ◊

Author: kmt-cci
• 火曜日, 7月 31st, 2012
今回は知的資産経営を行うための第2ステップについてご紹介します。

<STEP2>自社の強みがどのように収益に繋がるのかをまとめる(ストーリー化)

 棚卸を行った自社の強みについて、自社の強みががどうやって収益に繋がってきたのか、
 また、繋げていくのか、を過去の実績を踏まえ、ストーリー化します。

 その過程で財務上の数字と知的資産等非財務的な要素とを関連づけます。

 例えば、就職情報誌を通じて学生向け説明会を開催し、採用活動を通じて社員を
 採用するという一連の流れは次のように図式化して示す事ができます。
 
 

Category: 創業, 経営革新  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 月曜日, 7月 30th, 2012
7月16日のブログ での「広告」の続きです。

「マス媒体広告」のうち、新聞については“リビング熊本”“スパイス”、
雑誌については“ナッセ”が有名ですよね。

これらの社会的信用の高い新聞・雑誌に広告を載せることは、
自社の商品・サービスの信頼性・説得力を強化するといったメリットは
ありますが、コストがかかるといったデメリットもあります。

次に、「販売促進広告」について述べたいと思います。

一般的な販売促進広告には、特定の消費者宛に直接郵送するDM広告
特定地域に配布するチラシ広告
新聞に折込んで特定の地域に配布する折込み広告
自社のHPによる広告等がありますが、

経営者の皆さんは、常に、
『自社の業種・業態に適し、且つ費用対効果の高い広告手段は何であるか?』とか、
『同業他社との差別化のためのキャッチコピーとは?』とか、頭を悩ませているのが現状です。

Category: 創業, 販売促進  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 7月 28th, 2012
お客様にあなたの商品やサービスを買ってもらおうと思うなら、
その前にあなたのことを知ってもらい、好意をもってもらわなければなりません。

それを実験によって証明したのがアメリカの心理学者ザイアンスです。

その教えとは
1、人は知らない人には攻撃的、批判的、冷淡に対応する

2、人は会えば会うほど好意を持つ

3、人は相手の人間的側面を知ったときに好意を持つ

つまり 相手に会う回数を増やし人間的側面を見せると(=自己開示)
コミュニケーションが円滑になりビジネスの話を持ち出した時にスムーズ
進みやすいということです。

facebookはそれが簡単に実現できるツールです。

是非活用しましょう!

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 金曜日, 7月 27th, 2012
6年前に有限会社制度は廃止されました。
ご質問の多い項目を記載します。

・有限会社は無くなるのですか?
 設立はできません。
 既存会社は“特例有限会社という株式会社”として存続します。

・取扱いが変わるのですか?
 「社員」は「株主」、「持分」は「株式」となります。
 議事録を作成される際、ご留意下さい。

・いつまでに商号を株式会社に変えなければならないのですか?
 現在のところ期限はありません。

・株式会社に移行するポイントは? 
 移行すると、役員に任期が生じ、決算公告が要る等、費用がかかります。
 以下の事例を参考に、ご検討下さい。

 ①信用度を高めたい
 ②他社を吸収合併したい
 ③株主間の株式譲渡を制限したい
 ④事業承継や新事業への取組みを効果的に宣伝したい

Category: 事業承継, 法律, 経営革新  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: admin
• 木曜日, 7月 26th, 2012
次に、2番目の“天のとき”について

インターネット販売促進は、残念ながら私が創業した当時と
比べて、かなり高度化しています。

もし仮に、今同じ業態で創業したとしても事業がうまくいくかは(?)です。

今現在、お客様に選んでいただいているのは過去九年間の多くの失敗体験と、
成功体験があればこそと思っています。

そこで、古典の“天のとき”を私なりに解釈すると

強み、弱み、機会、脅威を表す
“SWOT分析”と置き換えられます。

孫子の訳文:
 負けない体制は自分で作り、勝つ要素はライバル企業の隙にある
 情勢とは臨機応変に対処し、流れを読み、機会を掴むことである

強みを鍛えて、機会を掴むことが重要ですね

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 水曜日, 7月 25th, 2012
<手練手管なし!の貫禄>

仕事で県下の【おいしい】【素敵】に出会うのが楽しみの一つ。

7月27日は「土用の丑の日」ちょうど話題のうなぎに惹かれた。
お邪魔したのは人吉の創業100年<上村うなぎ屋>
入るなり、満席。

一人です~というと、奥の奥に案内された。
まさしくうなぎの寝床^^。通路がずっと続いている。
通された部屋は個室だった。

しんとした部屋には<三丁目の夕日>の漫画本。

注文してからさばいて焼くという老舗上村うなぎ屋のスタイル。
しっかり西岸良平で待たねば。

お!正式には『夕焼けの詩』がタイトル名?漫画すら年代物で数十冊も並んでいる。
そして漫画もこれしかないのだ。

映画で話題になる前からあったのだろう。
ちょっとこの漫画でほっこりとしたころ<うなぎ>はやってきた。

う~ん 待ったけどおいしかったです^^さすがです。

駐車場には鹿児島ナンバーの車が停まっていたが、広告は南九州版にしっかり載せてあった。
シンプルで目立つ広告。手練手管なしのシンプルな貫禄だ。

しかしこの100年の間も稚魚の不漁はあったのではないのか?

これから価格は文字通り“ウナギ上り”か!とマスコミに取りざたされているが、
さて100年選手はどう対処されるのだろう。

Category: 経営革新, 販売促進  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 7月 24th, 2012
前回7月10日のブログでは、「訪問件数」と「訪問回数」について確認しました。
そこで今回は、訪問前の「事前準備」について確認したいと思います。

事前準備では、名刺、会社案内、カタログ、サンプル商品、ノート、電卓、
最近はノートパソコン等々を事前に準備確認しておくことは言うまでもありません。

実は、それ以上に訪問前にしっかり準備しておきたいのが、商談ストーリーです。

これは非常に面倒くさいですから、しっかり準備しない営業社員が多くいます。
真剣に営業に向き合っている営業社員にはチャンスです。

訪問目的に合わせて、○○の情報を集めるために何を聞くのか、
どういう質問を投げかけるのか。
そのためのいろいろな質問を準備しておきます。

また、客先担当者から想定される反論や質問にどう対応するのか、
できれば2通りほど対応を準備しておくと良いでしょう。

 
最後になりますが、とても効果のある事前準備として、
客先担当者が喜ぶ有益情報をしっかり準備して持参する、
ということを付け加えておきます。

Category: 経営革新, 販売促進  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 月曜日, 7月 23rd, 2012
11.引当金(その1)

(1)以下に該当するものを引当金として、当期の負担に属する金額を
 当期の費用又は損失として計上し、当該引当金の残高を貸借対照表の
 負債の部又は資産の部に記載する。

・将来の特定の費用又は損失であること

・発生が当期以前の事象に起因すること

・発生の可能性が高いこと

・金額を合理的に見積もることができること

(2)賞与引当金については、翌期に従業員に対して支給する
 賞与の見積額のうち、当期の負担に属する部分の金額を計上する。

(3)退職給付引当金については、退職金規定や退職金等の支払に関する
 合意があり、退職一時金制度を採用している場合において、当期末における
 退職給付に係る自己都合要支給額を基に計上する。

(4)中小企業退職共済、特定退職金共済、確定拠出年金等、
 将来の退職給付について拠出以後に追加的な負担が生じない制度を
 採用している場合においては、毎期の掛金を費用処理する。

Category: 税務・会計  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 7月 21st, 2012
前回に引き続き、「資金計画」のなかで創業時の「頼れる資金調達先」について説明します。

③地方自治体 
県や市などが行う創業者向け融資制度もあります。

制度の名称や融資条件はそれぞれ異なりますので、
創業予定地の自治体の担当課に問い合わせてみましょう。

自治体が支給する補助金なども整備されるようになっていますので、
あわせて問い合わせてみましょう。

④民間金融機関
事業を長く続け、拡大していくうえで、
民間金融機関との取引は欠かせません。

最近では創業者向けローンのメニューを揃える
金融機関も出てきています。

創業時に利用することが難しい場合は、事業実績ができてから
相談することを検討してみるとよいでしょう。

Category: 創業, 資金調達  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 金曜日, 7月 20th, 2012
債権管理を考える場合に、注意しなければならないのは、消滅時効です。

消滅時効とは、債権を行使しないまま、法律で定める期間が経過したとき、
債務者がその権利は消滅したと言える制度です。

時効の期間は、民法、商法その他の法律で定めています。

1 民事債権  
個人間の売買などの民事の債権は、10年間行使しないことで、
時効を主張されることがあります。(民法167条1項)

2 商事債権  
会社が、個人に金員を貸し付けたりした場合の商事債権は、
5年が時効期間になります。(商法522条)

3 短期消滅時効  
この他、次のような債権は、より短い時効期間になります。
・医師の診療報酬債権、請負などの工事に関する債権は、3年。(民法170条)

・生産者、卸売・小売商人が商品を売却した代金債権、
 学芸の教育を行う者の生徒の教育の代価の債権は、2年。(173条)

・旅館、料理店、飲食店の宿泊料、飲食料などは1年。(174条)

4 自己の債権は、何年が消滅時効期間となるのか注意する必要があります。

Category: トラブル, 法律  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes