Archive for ◊ 2月, 2012 ◊

Author: kmt-cci
• 水曜日, 2月 29th, 2012
今回は、5Sの中で「整理」について考えてみましょう。

「整理」とは、必要なものを、必要なときに、必要なだけもつことです。
つまり、整理とは今の生産活動、業務活動に不必要なものを、
製造現場や事務所から排除することです。
不要な資料や書類は、貴重なスペースを狭くするばかりでなく、
あらゆる問題を隠してしまうことになります。

ものを整理したしたつもりでも、単に並べ直すことは
整列しただけで整理ではありません。

整理とは、いるかいらないか、あれこれ迷うことではありません。
だからと言って、ものを直角・水平・平行に並べることでもありません。
整理とは淡々と「捨てる」ことです。このとき重要なポイントとなるのが、基準です。
「もの」には使用する観点から見ると、「使えるもの」「使えないもの」
それに「使わないもの」の3つがあります。

「使う・使わない」の判断基準は、機能・数量・時期・好みです。

自社では、「整理」といいながら単に並べ直した「整列」になっていませんか。
使う・使わないの「整理の基準」が明確に定まっていますか・・・

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 2月 28th, 2012
株式譲渡とは株式の売買による株式の所有権の移転です。

株式譲渡は主に、M&A、MBO、
後継者への財産の承継等の場面で用いられます。

株式譲渡の特徴は、会社の支配権を確保するために必要な株式を取得する場合には、
通常買い手にとって多額の資金が必要となることがあげられます。
また、売り手にとっては株式譲渡益課税が生じるなどがあります。

なお、この株式譲渡益は株式譲渡損としか損益通算できませんが、
昨今の株式市況の下落で投資運用している上場株式について
含み損が生じているのであれば、その上場株式を売却して
株式譲渡損(実現損)を計上すれば、その譲渡損と相殺することができ、
結果として、株式譲渡にかかる税負担の軽減を図ることができます。

Category: 事業承継  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 月曜日, 2月 27th, 2012
2月13日のブログの続きです。

次に、(2)創業の分野:“誰に”“何を”“どうやって”売るのか?ですが、
これは企業の経営コンセプト(経営理念)の源でもあり、
企業が進むべき道しるべともなります。

さて、今ここに3つの飲食業者:
A社(家庭料理店・バーの2店舗)・B社(居酒屋)・C社(炭焼き専門店)の
各々の①経営コンセプト②マーケティングの4つのP(Product・Price・Place・Promotion)
などについての具体的な事例の一覧表がありますので、
皆さんが『もしも飲食店を開業したら・・・』ということを前提に、
これらを参考にしながら創業の分野についての勉強をしていきたいと思います。

又、一口に飲食店といっても、種々雑多でありますので、
全く別の分野を目指しておられる方にとっても、
十分に応用していただけるものと思っております。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 2月 25th, 2012
前回、お客様の購入後のケアの必要性をお伝えしました。

商品やサービスの価格と満足度を天秤にかけ、
満足度が価格を上回った場合にのみ評価(Value)されます。

ただし満足度はお客様一人ひとりで違います。

商品機能やサービスや価格だけでなく、ブランド力や感性、
使用シーンでの他人の評価など様々なものがあります。
お客様はこの満足度をすべての接点の平均点で
他のモノと比較しています。

したがってある接点が極端に満足度が低いと
他の接点でかなり上回らなければなりません。

5教科の試験で平均70点以上が合格の場合、
50点以下のものが一科目でもあると
他の科目で90以上がないと合格しないのと同じです。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 金曜日, 2月 24th, 2012
前回は従業員が業務中に車の運転により人にケガを負わせた場合の
会社の賠償責任についてご説明しました。

実は、この「運行供用者責任」は、特別の法律に基づき、
人身損害の被害救済のため、責任負担者の範囲が拡張されたものです。

では物損事故の場合、会社に賠償責任は生じないでしょうか?

判例によると、従業員が会社の車を勤務時間後に使い、物損事故が生じた場合でも、
外形的に職務行為と見られるならば、会社に賠償責任が生じると示しています。

これを「使用者責任」といいます。

このように、従業員の車の運転については、事故の内容にかかわらず、
会社に責任が生じる可能性がありますので、任意保険の加入を確認するなど、
危機管理を行いましょう。

Category: トラブル, 法律  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: admin
• 木曜日, 2月 23rd, 2012
“スーパービジョン”という研修がどうすごかったかと言いますと、

複雑な家族・人間関係の中、
それぞれの人物の気持ち(心理状態)になりきり、
人物の発言、対応、を探っていくやり取りを

“丸一日”

かけて掘り下げていくところです。

専門分野である介護の技術が必要なことは
20%くらいでしょうか、、、

残りの80%は人間の気持ちに基づいて、
その家族の望む人生、生活実現のために
介護職としてどのように
サポートするべきか
真剣に参加者全員で検討していきます。

個人情報ですのであまりお話できませんが、
離婚、嫁姑問題、家族間の確執など、
介護以外の様々な家族の問題点と

真正面から向かい合い、解決策を探す姿勢は、
経営者としてお客様と真剣に向かい合う姿勢を、
深く考えさせられました。

お客様と真剣に向かい合うと言うことの

“本質”を考えさせられた二日間でした。

皆様はお客様との関係作りについてどんな取り組みをされていますか?

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 水曜日, 2月 22nd, 2012

皆さんはじめまして!事務局の桒鶴(くわづる)です。
いつも孔明ずブログをご覧いただきましてありがとうございます m(_ _)m

さて今回は、中小企業にとって“もしも”のときの心強い味方「経営セーフティ共済」についてご紹介します。

本制度は、共済契約者の取引先が倒産したときに、売掛金等の債権額、
または、積み立てていた掛金額に応じ、無利子・無担保・無保証人で共済金の貸付けを受け、
企業の連鎖倒産を防止するための制度、文字通り”倒産防止”共済制度です。

運営は、国が全額出資の中小企業基盤整備機構が行っており、安心!
また、今般の東日本大震災の影響による業況の悪化、
円高の進行・原油価格の高騰等の先行きへのリスクがあるなか、
平成23年10月1日から貸付限度額や掛金月額の上限が大幅に引き上げられ、
皆さんの「安心」をより一層サポートできるものとなっています。

改正後における主な内容は次のとおりです。
①掛金の月額が5,000円から20万円までの範囲で選択、総額800万円まで積み立て可能
②共済金の貸付限度額は最大で8,000万円
③共済金の貸付けが受けられる取引先の「倒産」に、破産手続き開始の申し立て、取引停止処分等に加え、
 新たに「私的整理」の一部が追加
④貸付金を繰り上げて償還した場合に手当金が支給される「早期償還手当金」の創設

掛金は、損金(必要経費)に算入することができ、前納することも可能です。
昨年の制度拡充に伴い、企業の節税対策としてもより有効に活用いただける内容となっておりますので、
詳細については当所までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ:熊本商工会議所 金融相談課 ℡ 096-354-6688

Category: 事務局かわら版  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 2月 21st, 2012
“かなこぎ、今月の売上見込みはどうや?” “はい、がんばっとっです!”
“熊本産業の例の件はどうなっとるや?” “今、稟議があがっとっです!”
“絶対取れよ!!” “はい、がんばっです!! ふっ~”

営業社員の頃、毎日、毎週、毎月、繰り返し繰り返し営業会議を開いていました。
思い起こすのは、売上が達成できない時の、
他社に取られた時の、言い訳を真剣に考えていた遠い日の自分。

前年同月は何とかクリアしても、かなりきつかった今月の目標売上高達成。
良くて7勝5敗だったかも知れない。極端に言えば売上を最大目標に、他社との競争に
疲れを感じ、得意の米つきバッタ式でやっと売上を上げても粗利益率を問われて撃沈。

デキル営業社員は自分のスタイルでやれば良い。
でも低迷している営業社員を叱咤激励しても、来月も再来月も来年も叱咤激励しているかも。

そこで提案。毎月の目標は、売上高ではなく、「営業先に喜んでもらった数と
その内容」にしてはどうでしょう。お客様に喜んでもらった数と内容を競う
営業会議があっても良いのでは、と真剣に考えています。

ランチェスター竹田陽一氏曰く『急がば回れ!』。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 月曜日, 2月 20th, 2012
今回からは、各論に入っていきます。

1.収益、費用の基本的な会計処理

(1) 収益は、原則として、製品、商品の販売又はサービスの提供を行い、
かつ、 これに対する現金及び預金、売掛金、受取手形等を取得した時に計上する。

(2) 費用は、原則として、費用の発生原因となる取引が発生した時
又はサービスの提供を受けた時に計上する。

(3) 収益とこれに関連する費用は、両者を対応させて期間損益を計算する。

(4) 収益及び費用は、原則として、総額で計上し、収益の項目と費用の項目とを
直接に相殺することによってその全部又は一部を損益計算書から除去してはならない。

【解説】
企業の利益は、一定の会計期間における収益から費用を差し引いたものであり、
収益と費用をどのように計上するかが重要となります。
現預金の異動によって記帳をする「現金主義」では、
正しい決算書は作成できないということです。

Category: 税務・会計  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 2月 18th, 2012
前回に続き、創業時の事業計画のたて方「販売計画」について見ていきます。
主な検討項目の続きです。

⑥販売条件は
現金回収なのか、掛け売りなのかなど、どのような条件で販売するのか検討します。
あくまで取引先との商談次第ですが、「回収はなるべく早く、支払いはそれより遅く」
が理想です。資金繰りがぐっと楽になります。

⑦時間は
営業時間をどうするのか検討します。立地や顧客層からベストな時間帯を見極めましょう。

製造業など販売先(受注先)が特定される場合は、次の点についても考えておきましょう。
○相手先の信用力はどうか
○継続した受注の確保が可能か
○掛け売りの場合は、後日のトラブルを避けるため、〆日や入金日などの
 回収条件がどうなっているか

Category: 創業, 資金調達  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes