Archive for ◊ 6月, 2011 ◊

Author: kmt-cci
• 木曜日, 6月 30th, 2011
大義はあるか?理念はあるか?ビジョンはあるか?
創業の際に考えることの中に、上記のことは含まれていますか?

自分が行う事業が、社会的にどのような役割を持つのか、
どのようにして社会に貢献できるかを、
しっかりと事前に検討する必要があるのではないかと思っております。
従業員のため、近隣の方のため、家族のため、
もちろん来られるお客さんのためなど、全てが社会貢献であるかもしれません。

自分が社会の中で、どの立ち位置に立って行動を起こすかを
しっかりと考えてみましょう。
大きな夢を持ち前に進む勇気は必要ですが、
その前にしっかりと自分の足元を見ること、
これは非常に大事なことです。

Category: 創業  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 水曜日, 6月 29th, 2011
成功している企業を見ると「顧客の価値をつかむ」ことの重要性を理解しています。
時間を追求するコンビニエンスストア、健康を追求し伸びている飲料メーカー等。

「マーケティングは、生産物のうまい処分方法を見つけるための技術ではない。
本物の顧客価値を生み出すための技術なのだ。
・・・品質、サービス、価値、これがマーケッターの合言葉なのだ」
(「コトラーのマーケティング・コンセプト」恩蔵直人監訳、東洋経済新報社)

すでに生産しているモノをどうやって売り込むのかという姿勢では、
成熟市場で成功することは難しいと思われます。
顧客がどのような価値を求めているのかという点から考えを起こし、
それに合ったビジネスの仕組みを考えることが重要です。
モノを売り込む「プッシュ」の発想ではなく、
顧客が求めているものを提供する「プル」の発想が必要です。

あなたの企業では、プルの発想に基づいていますか?

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 6月 28th, 2011
事業承継を行う際に、後継者がいなくて困っている経営者も多い半面、
後継候補者が複数いて誰にどのように事業を引継がせたらいいのか
困っている経営者も少なくありません。

親族内で複数の後継候補が存在する場合は、選定の難しさ、
他の者への配慮の難しさ、更には相続問題も絡んで経営者の頭を悩ませますが、
事業承継は最後の大仕事という強い意識のもとに取り組む覚悟が必要です。

後継者の選定にあたっては、現経営者の意向、後継候補者の資質や意向、
後継候補者以外の親族の意向、株式や資産の状況を踏まえて
総合的かつ戦略的に方針を決定する必要があります。

選定にあたっては、できるだけ早い段階で、じっくり検討し、
選定後も十分なフォローが必要です。

Category: 事業承継  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 月曜日, 6月 27th, 2011
6月13日のブログの続きです。

“挨拶の意義”のお話をしましたが、ついでに、“挨拶のポイント”を挙げますと、
・人よりも先に自分から挨拶する。
・相手の顔を見て挨拶する。
・お辞儀も忘れずにする。
・相手の返事にこだわらずに挨拶する。 となります。

飲食店を経営するある若手社長が、
お客様でもある、ある経営者のクラブの長老から入会を勧められ、
断ることができずに会員となりました。
最年少の会員となった彼は、早速、『何かお役に立てることがあれば・・・』と、
毎週開催される朝食会の受付を買って出ることにしました。
彼にとって第1回の朝食会には、開催時刻の1時間前に会場に到着し、
クラブの象徴であるタスキを掛けて受付に立つことに・・・(続きは次回で)

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 6月 25th, 2011
「お客様のことを知る」の2回目です。
今回は覆面調査と苦情クレームの利用についてです。

アンケート調査や聞き取り調査では私情が入り
正確な客観情報がとりにくい場合があります。
その点、専門調査員がお客様を装って調べる「覆面調査(ミステリーショッパー)」は
商品やサービスの実態を暴きだします。

また、苦情・クレームを出来るだけ収集し商品改良に役立てる方法があります。
福井商工会議所では毎年苦情・クレーム博覧会を行っており、
苦情・クレームから出来たヒット商品が数多く展示されます。
「雨の日の傘が電車やバスに乗り合わせた他のお客様に迷惑」
というクレームからできた「ヌレザンヌ」という傘などが有名です。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 金曜日, 6月 24th, 2011
労働力は経営を左右する重要な存在であり、働きに見合った対価が必要ですが、
皆さんは従業員の「労働時間」を把握されておられるでしょうか?

例えば、次のようなものは「労働時間」に該当すると思われますか?

  ・作業服を着る時間 
  ・次の作業のための待機時間 
  ・勤務中の仮眠時間 
  ・所定時間外にある研修時間 

実は、これらは全て実際の裁判で「使用者の指揮命令下」にあると評価され
「労働時間」とされたものです。

事案によっても異なりますが、重要なことは“使用者の主観”ではなく
“客観”で判断される点にあります。
賃金は従業員の士気に大きく影響しますので再度ご確認下さい。

このように経営に役立つ裁判例を随時ご紹介したいと思います。

Category: トラブル, 労務, 法律  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: admin
• 木曜日, 6月 23rd, 2011
さて、いよいよ終盤ですが

1)想定顧客になりきって
2)アホな意見かなぁと思っても遠慮なく発言できる環境作り
3)本気で買い物をしてみる

という3プロセスまで終了したら次に何をするか?

“買いたくなったポイントを徹底的に洗い出すことです。”

例えば買いたくならなかったホームページのポイントであれば
“しょぼいホームページだから”、
“どんな会社が売っているのか分からない”、
“送料がいくらか分からない”、
“いつ届くのか分からない”、
“店長がいやな感じ”

など様々なポイントが上がってくるでしょう。

また、買いたくなったホームページであれば
“写真がおいしそう”、
“説明が丁寧”、
“ラッピングが素敵”、
“クレジットカードが使えたから”

など様々な意見が出ることでしょう。
そして、自社のホームページを点検してみてください。きっと改善点が見えてきます。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 6月 21st, 2011
経営で最も難しい仕事の一つがこの新規開拓になります。苦手の方も多いかと思います。
私も営業マンの頃とても苦手だったのですが、敢えて書きます。

今月の数字を追うための新規開拓は辛い。断りの連続にますます嫌になり、
結局、ほとんど数字に貢献しないまま。なんてことに。

しかし、営業社員としての腕を高める“出稽古”と思えば・・・。
出稽古に行って、自分の営業社員としてのレベルを確認する。
これまで培ってきた営業スキル等を試してみる。
2/15ブログでご紹介した「トップ営業社員の三大共通点」を素直に真似してみる。
 
新規開拓とは、営業社員の腕前を上げる最高の稽古場。
稽古量をこなすと、今のお客様の有難さを痛感。
さらに腕を高めて今のお客様にお役に立つ。

皆様の会社では経営計画書の中に、新規開拓の仕組みについてどう記しておられますか?

但し、強い営業組織づくりには『営業戦略』が不可欠なことを付け加えて
今回のブログを終わります。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 月曜日, 6月 20th, 2011
まずは、直近の決算書を目の前に置いて眺めてみましょう。

売上は上がったのか?利益はいくら出たのか?現預金はいくら残っているのか?
どんな資産を持っているのか?借金は後いくら残っているのか?などなど、
これだけでも様々な情報が得られます。

さらに、いろんな数値を掛けたり割ったりすると自己資本比率、
流動比率、利益率、人件費率などの指数が計算できます。

ここまでは、単なる数値ですが、決算書の本当の使い方はここからです。
いろんな決算書と比べてみましょう。
(何度も書いてきていますが、「正しい決算書」であることが大前提です。
粉飾した決算書などでは、正しい会社の姿は見えてきません。)

続きは、また次回。

Category: 創業, 税務・会計  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 日曜日, 6月 19th, 2011

皆さんはじめまして、事務局の松平です。

突然ですが、皆様は経営者の為の退職金制度をご存知でしょうか?

『小規模企業共済制度』
既にご加入されている方も多くいらっしゃるかと思いますが、
初めて耳にしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この制度は経営者が事業をやめたり、退職した場合に、
生活の安定や事業再建を図るための資金をあらかじめ準備しておく共済制度で、
いわば「経営者の退職金制度」といえます。

“生涯現役!”のつもりでも、将来的にさまざまな理由で引退される方も多くいらっしゃいます。
これを機に、法律に基づいた安心・確実な制度にご加入して、自分で自分の退職金を作りませんか?

廃業や事業承継など、経営者が第一線を退かれた際に請求することで、
積み立てた額にプラスして共済金を受け取ることが可能です。

また、掛金が全額、課税対象所得から控除できることから、税法上でも大きなメリットとなります。

是非ご検討されてみてはいかがでしょうか?

尚、ご加入頂ける方には条件がございます。
詳しくはコチラから!

Category: 事務局かわら版  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes