Archive for ◊ 3月, 2011 ◊

Author: admin
• 木曜日, 3月 31st, 2011
検索エンジンからいち早く良質な訪問者を獲得する方法にリスティング広告がございます。

ネットでの集客においてこのリスティング広告は必要不可欠な存在です。
そこで今回は私たちが広告文を作成する上で大切にしているポイントを7回に分けてお届けします。まず“限定性”を訴求する広告文です。
“限定○○個”、“早い者勝ち”、“現品限り”といったものです。
例えば“今が旬の熊本産○○イチゴを使ったイチゴ大福100個限定。今しか食べられません”といった内容になります。

リスティング広告にチャレンジしてみたい、リスティング広告やっているけどうまくいかない方。商工会議所にご相談ください。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 3月 29th, 2011
3月15日(火)ブログの続きです。

ランチェスターの第二法則は、
『 攻撃力 = 兵力数の2乗 × 武器性能 』で表されました。

例えば、A軍5人とB軍3人が広い場所で射程距離の長い機関銃を持って離れて戦う時、
損害の出方は相手の兵力数の二乗に比例しますので、
武器性能に違いがなければB軍が全滅してもA軍は4人残ります。
(A軍の残存数⇒25-9=16 ルート16=4人)

つまり、損害の出方は第一法則では1:1だったものが、
第二法則の下で戦うと1:3に拡がってしまい、
兵力数で劣る方には全く勝ち目がなくなってしまうというものです。

ちなみに、兵力数とは営業マンの数や売場面積になり、
武器性能とは営業マンの腕や商品力になります。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 月曜日, 3月 28th, 2011
まず、それぞれの利益(段階利益と呼びます)の説明をします。

・売上総利益…
売上金額から、小売・卸売業であれば商品の仕入額や
製造業であれば製品の製造原価といった、
売上げた財(商品・製品等)やサービスを得るために掛った費用を差し引いたもの。
粗利益とも呼ばれる。

・営業利益…
売上総利益から、会社を通常運営するに当たって必要な経費
(販売費及び一般管理費)を差し引いたもの。
「通常運営する」がポイントです。会社の本業でのもうけを示します。
営業利益での赤字が続くようであれば、
現在行っている事業自体を見直す必要が出てきます。

経常利益、税引前当期純利益、当期純利益の説明は…次回行います。

Category: 創業, 税務・会計  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 日曜日, 3月 27th, 2011

事務局の水上です。
さて、今回が事務局からの年度内最後の投稿となります。

昨年の11月にスタートしたこのブログ、開設前は、
「本当に毎日更新できるだろうか?しかも12名のリレー形式で・・」
と、企画した側の人間でありながら一抹の不安もありましたが、
孔明’ずの先生方のご協力の下、これまでほぼ毎日(※日曜除く)
投稿を続けることができました。

ただでさえお忙しい孔明’ずの先生方にブログの原稿を依頼する、
という図々しいお願いを、皆さん快く引き受けて下さり、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ブログ自体も徐々に認知度が広がってきており、
実際、当所に来られる相談者の方から「ブログ見てますよ」というお声を頂くようになり、
毎日ブログに目を通すことを習慣化させているファンの存在が、
日に日に増えてきているのかなぁと感じています。

経営のヒントになるような情報を、読みやすく、分かりやすく発信していく。
そして、見て頂いた方に“気付き”、あるいはその一歩手前の“きっかけ”を与える。
この基本軸はそのままに、次年度も頑張っていきたいと思いますので、
是非ご贔屓の程よろしくお願いいたします。

Category: 事務局かわら版  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 土曜日, 3月 26th, 2011
前回は、事業計画説明の“コツ”として、「当社の商品・サービスは売れる」ことを
具体的、かつ分かりやすく説明することが重要だとお話しました。

もう一つ重要なことは、「きちんと利益もでる」ことの説明です。

いくら売上が大きくても、原価や経費がそれを上回って利益がでなければ、
会社を維持していくことはできません。

そこで、金融機関が見る事業計画の原価と経費のポイントは、
①原価は、業界平均と比較してどうか。
②経費は、もれなく各費用を積み上げているか。
③各費用は、適正な金額か。(低すぎないか)

最後に、売上が予定どおりいかなかった場合の対策についても、
予め検討しておくことも忘れないでくださいね。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 金曜日, 3月 25th, 2011
前回触れた経営承継円滑化法が活用できる中小企業としては、
次のような条件が必要です。(法2条)

1.製造業・建設業・運輸業その他の業種
資本又は出資額が3億円以下、従業員数が300人以下(1号)
2.卸売業
資本又は出資額が1億円以下、従業員数が100人以下(2号)
3.サービス業
資本又は出資額が5000万円以下、従業員数が100人以下(3号)
4.小売業
資本又は出資額が5000万円以下、従業員数が50人以下(4号)
5.
(1)ゴム製品製造業
資本又は出資額が3億円以下、従業員数が900人以下(施行令表1)
(2)ソフトウェア業又は情報処理サービス業
資本又は出資額が3億円以下、従業員数が300人以下(施行令表2)
(3)旅館業
資本又は出資額が5000万円以下、従業員数が200人以下(施行令表3)

結構大きな事業者も含まれるのではないでしょうか。

Category: 事業承継, 法律  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 木曜日, 3月 24th, 2011
これから創業しようとする方へお伝えしたいことは、
「目標(ビジョン)を定める」ということです。
何より、成功のイメージは大切です。

・自分が社会(地域)の中で、何をどのように行っていくべきか?
・お客様や周囲の方々の中で、何を行っていくべきか?
・従業員の中で、自分が何を行っていくべきか?

以上の事を客観的に考え、目標(ビジョン)を定めることが重要であると考えます。

前回の投稿で、メンターの言葉に耳を傾け、常に客観的な立場でいること、
そして、それを継続させていくことの大切さについて触れました。

常に客観的に自分を見つめる習慣をもつことで、本来の目標が定まり、
創業する価値が生まれてくるのかもしれません。

また「目標(ビジョン)」を従業員やお客様に示し、
共有を図っていく課程も大切ではないでしょうか。

Category: 創業  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 水曜日, 3月 23rd, 2011
前回まで、「人」と「物」の活動状況を示す財務指標を紹介しました。

今回は、「人」と「物」に関連する代表的な指標(生産性)である、
「付加価値労働生産性」を紹介します。1人当たりの付加価値を示すものです。
算式は、下記で示されます。

付加価値労働生産性=付加価値÷従業員
付加価値=経常利益+人件費+減価償却費+賃借料+租税公課+支払利息-受取利息

また、付加価値労働生産性は次の式の分解できます。

付加価値労働生産性
=(付加価値÷売上高)×(売上高÷有形固定資産)×(有形固定資産)÷従業員
付加価値労働生産性=付加価値率×操業度×労働装備率

従って、企業として生産性を高める方法としては、
「製品の付加価値を高める」「機械の操業度を高める」「機械化を進める」
が考えられます。

過去の推移を見て、どこに問題があるのか、どこが改善されているのか
を見極めることが次の改善に繋がっていくと思います。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 3月 22nd, 2011
今回は、後継者への生前贈与についてのお話です。

後継者が親族内にいる場合に、後継者へ財産を移転させるには
権利の移転が生前に実現する生前贈与が有効です。

税務面では暦年課税制度と相続時精算課税制度や経営承継円滑化法といった
制度や法律があり、個々の事情に適した制度を活用します。

暦年課税制度は、暦年ごとに贈与された価額の合計に対して贈与税を課税します。
110万円の基礎控除があり、税率は10%から50%の累進税率を適用します。

相続時精算課税制度は、贈与時に軽減された贈与税を納付し、相続時に相続税で精算します。
2,500万円の特別控除があり、それを超えた額については一律20%の税率が適用されます。

Category: 事業承継, 法律, 税務・会計  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 月曜日, 3月 21st, 2011
3月7日のブログの続きです。

“事業の継続”を図るには、関連業種への転換もありえるといったお話をしました。

但し、主要業種の継続のためには、都度、見直しを行っていくのが一般的ですが、
どちらの場合でも、先ず、ヒト・モノ・カネなどの経営資源の的確な把握が前提となります。

因みに、
ヒト : 経営者の志・資格・経験・知識・体力・人脈・信用度、家族・
    社員の協力、標的顧客との適合性など
モノ : 土地・建物(店舗)・機械・備品・車両などの保有規模、製品力・
    商品力・サービス力、立地・アクセスの利便性など
カネ : 自己資金・ファミリー預金・計数把握力・金融折衝能力・適正価格など
を指します。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes