カテゴリー: 事業承継

Author: kmt-cci
• 金曜日, 3月 27th, 2015
Q:これまで結婚前の旧姓を使って仕事をしてきましたが、この度、
  会社への貢献を評価され、取締役として経営に参画することとなりました。
  会社登記で旧姓を使用することはできますか?
  
  
A:①以前より、旧姓を使って社会活動をしている方が役員に就任した場合、
   旧姓による役員登記ができず、仕事の面で不便が生じていました。

  ②平成27年2月27日より、婚姻により氏を変更した取締役(代表取締役)、
   監査役等の役員について、会社登記で旧姓を併記することができるように
   なりました。

  ②記載例としては「取締役 甲野○○(乙原○○)」と括弧書きが加わります。
   これで登記上の役員が、社会活動上の旧姓を名乗る役員本人と判別でき、
   活動しやすくなります。

Category: 事業承継, 法律  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 3月 17th, 2015
人吉インターを降りたすぐのところに、中小企業大学校人吉校があります。

中小企業大学校は中小機構が運営を行い、人吉校は今年で創立20周年を迎え、
すでに2万3千名が受講されたそうです。

大学校といっても、何も受験して入学するわけではありません。

中小企業大学校では、中小企業の人材支援のために
中小企業支援担当者等に関する研修
②中小企業の経営者・管理者等に対する経営管理に関する専門的な研修
の2つの研修事業が行われています。

研修カリキュラムは様々なコースが用意されていますが、特に人気の高いのが
「経営管理者養成コース」です。

平成27年度は7月21日からスタートしますが、毎月4日間を6ヶ月にわたって
帝王学を体系的に学ぶことができます。

経営者だけでなく、後継者にもおすすめのコースです。

受講料についても、各市町村からの助成制度も設けられており、キャリアアップ助成金の
対象にもなりますので、ぜひ有効に活用しましょう。

Category: 事業承継, 経営  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 金曜日, 2月 13th, 2015
Q:亡祖父の代から経営している工場を引継ぎましたが、
  その敷地は祖父の名義のままとなっています。
  私の名義に変更しておいた方が良いでしょうか?
  
  
A:①相続による名義変更登記(相続登記)は、申請までの期間制限が
   ありませんので、事例のような場合が多々あります。

  ②しかし、物件を担保に資金を借りる場合、
   物件の売却資金で新事業所に移転する場合等、
   相続登記を先に行う必要があり、手続に支障が出ます。

  ③また、相続人の過去の話合いで承継者が決まっていても、
   手続時に事情変更により拒否される例もあります。

  ④事業への影響を考え、お早めの相続登記が望ましいといえます。
   なお、司法書士会では2月を「相続登記はお済ですか月間」として、
   無料相談を実施しています。

Category: 事業承継, 法律  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 1月 20th, 2015

経営承継円滑化法とは平成20年に成立した法律で、下記の3つの内容を含んでいます。

①非上場株式等に係る、相続税・贈与税の納税猶予制度
②生前贈与株式を遺留分から除外、もしくは評価額を予め固定できる民法の特例
③事業承継に関する金融支援

このように、事業承継を行う際にはとっても有利な内容ですが、今までは様々な
制約条件があってなかなか使いづらい状況でした。

例えば、納税猶予の適用を受けるためには承継後5年間は毎年雇用の8割を
維持しなければならないという要件がありましたが、中小企業にとっては
毎年8割を確実に維持することが困難なケースもあります。

そこで、今回の改正では5年間の平均で8割以上を維持すればよいことに
変更になりました。

その他にもいろいろな改正が行われ、使いやすくなっています。

相続税も基礎控除が変更され課税強化となる中、経営承継円滑化法を
有効に活用することは有効な戦略です。

Category: 事業承継, 経営  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 金曜日, 1月 16th, 2015
Q:私が経営するA社は主たる収益の卸売業と不動産賃貸業があります。
  長男を後継者にと考えていますが、経験も浅いため、
  まずは親族以外の専務に承継することを考えています。
  どのような手段がありますか?
  
  
A:①会社分割により次のとおり事業部門を編成します。
   ・A社…事務部門と賃貸業
   ・B社…卸売業(新設分割)
   A社はB社株主となります。

  ②B社は専務を代表とし、その意向を踏まえた役員を選任します。
   これで、B社の所有と経営を分離することができ、
   役員会での親族の影響を緩和し、主たる収益を維持します。

  ③取引に支障がないよう、新設会社B社をA社に商号変更することも
   検討すべきです。

  ④これは一例ですが、将来的に長男が成長し、専務が引退する際等、
   改めて組織再編を検討します。

Category: 事業承継, 法律  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 水曜日, 1月 14th, 2015

いつも孔明ずブログをご覧いただき、ありがとうございます。
事務局より、「事業承継セミナー」のお知らせです。

「事業承継」をテーマに全般的な説明から、税務・法務にいたるまで、
わかりやすくご説明します。

後継者問題でお悩みの方!
席にはまだ余裕がございますので、是非ご参加ください!
もちろん、後継者がおられる方や後継者ご本人様にも役に立つ情報が満載です!

≪講師≫
 福岡県事業引継ぎ支援センター統括責任者 河合 慶司 氏
 公認会計士・税理士 飯村 光敏 氏
 弁護士 三藤 省三 氏

日時は1月20日(火)の13時30分から、場所は熊本商工会議所6階で
開催いたします。
※参加申し込み先は福岡県事業引継ぎ支援センターとなっております。

詳細はこちらからご確認ください。

Category: 事業承継, 経営  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 12月 09th, 2014
会社を立ち上げ、苦労に苦労を重ねてやっとここまで育て上げて
振り返れば、もう70歳。

見た目は決してかっこう良いわけではない。
でも、人一倍のお客様思い、腰の低さ、そして誠実そのものの人柄。

お会いするたびに“ 経営は実業 ”という五文字がいつも浮かんでくる。

先日も6時間かけて先代、後継社長等々の幹部の皆さんと
経営計画書の内容を検討。

数日後、先代から丁寧な感謝のお葉書が届いた。
“さすが先代”

またしても、“ 経営は実業 ”の五文字が浮かんだ・・・。
頑張れ、後継者!

Category: 事業承継, 経営  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 金曜日, 7月 11th, 2014
Q:商品開発を目的として同業者で一般社団法人を運営しています。

  今期の定時社員総会で理事が任期満了退任となるため、
  合わせて代表理事1人を選定します。

  登記申請に定款は要りますか?

A:①理事会を設置しない法人の場合、社員総会以外の、
   定款規定による理事の互選等で代表理事を選定した場合、
   選定機関を確認するために定款が必要となります。

  ②理事会を設置する法人の場合、代表理事の選定機関は理事会と法律で
   定められていますので、定款は必要ありません。

  ③但し、②で議事録に前代表理事が法人実印を押印していない場合、
   議事録署名人の印鑑証明書の添付が必要となりますが、 
   署名人が理事全員ではなく代表理事のみの場合、
   署名人の規定を確認するために定款が必要となります。

Category: 事業承継, 法律  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 6月 03rd, 2014
昨日2日から全国で「よろず支援拠点」がオープンしました。

中小企業の支援機関としては、商工会議所や商工会、
各金融機関や専門家など、すでに多数の機関があります。

ただ、これらの機関は専門分野や活動内容などそれぞれに
得意分野があり、企業はどこに相談するのがベストなのか
わかりにくいといった問題があります。

このような状況に対して、国は地域の支援機関と連携しながら
様々な経営相談に対応する「よろず支援拠点」を各都道府県に
整備することになりました。

よろず支援与点の主な業務は下記の3点です。

①ものづくり総合的・先進的アドバイス

②支援チーム等の編成支援

③ワンストップサービス

よろず支援拠点は公益財団法人くまもと産業支援財団に
設置されていますので、どこに相談すればいいか迷って
おられる経営者の方は是非ご活用ください。

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 金曜日, 5月 30th, 2014

Q:会社を経営していますが、先日、音信不通の弟の知人という方から、
  「弟さんが他界されたので借金を払って欲しい」との書面が来ました。
  借金も多額で、経営に影響が出そうです。
  何とかならないでしょうか?


A:①他界された方の遺産が債務超過の場合、家庭裁判所に相続放棄を
   申立てる方法があります。

  ②兄が相続人となる場合は、弟の配偶者・子・直系血族(父母・祖父母)が
   先に他界されているか、相続放棄をしている場合等が考えられます。

   まずは、それらの方に事情を確認しましょう。

  ③確認の上、自分が相続人となることが明らかとなった場合、
   それを知ったときから3か月以内に①の申立てを行わなければなりません。
   
   期間制限がありますので、早急に手続を行いましょう。

Category: トラブル, 事業承継, 法律  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes