カテゴリー: 未分類

Author: admin
• 木曜日, 12月 11th, 2014

今日は号外です。

ある洋服屋さんのご支援先で
かっこよくなるビフォアアフター撮ってきました。

ビフォーアフター1

ビフォーアフター2

ビフォーアフター3

恥ずかしいけど販促の素材で使っていただきます。
私たちは体を張ったご支援をさせていただいています!(笑)

Category: 未分類, 販売促進  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 木曜日, 8月 07th, 2014


無事に事業計画書と補足資料の作成が終わりました

早速、商工会議所のAさんに見てもらうことに・・・

商工会議所Aさん「大切なのは事業計画書です。あくまでもこれが基本です」

私「なるほど、補足資料頼みにしてはいけないんですね」

商工会議所Aさん「しかし、審査員も業界のプロではないので事業計画書の内容をわかりやすく、理解しやすいようにするのが補足資料の役目なのです。そこで・・・」

アドバイスいただいた内容をもとに作成した補足資料は、

1)事業の全体がわかるフロー図(A3/1枚)

2)専門的な用語の意味が理解できるような解説

の二つを準備しました。

それでは次回


【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: admin
• 木曜日, 7月 24th, 2014


経験豊富な商工会議所の皆さんのご意見ですが

具体的に3つの切り口があります

1)事業の新規性

2)市場性(事業として成り立つ市場規模か?)

3)実現可能性(自社はこの事業を実施できるのか?)

です。


商工会議所Aさん「もう少し、新規性を強化できませんか?少し弱いような気がします」

私「なるほど!では○○はいかがでしょう」

商工会議所Aさん「Great!いいですね」


なんていうやり取りを行いながら事業計画を作っていきました!

そして、熊本県に経営革新計画書を提出し、いよいよプレゼンテーションです


続きは次回



【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: admin
• 木曜日, 7月 10th, 2014


経営革新について個人的に感じたメリットその2は

客観的意見をもらえる為、事業の弱点が明確に見える

です。


商工会議所の皆さんは、たくさんの企業を見てきていらっしゃいますので
いいご意見をたくさんいただくことができました!

さすがです!!!

具体的にどんな切り口で
ご意見をいただいたかというと・・・


続きは次回



【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: admin
• 木曜日, 6月 26th, 2014


まず、経営革新をご存じない方は、こちらをご覧下さい

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/pamphlet/2009/index.htm

形式的なことはおいといて

ここでは、私が経営革新を取得する際に感じた個人的なことを
中心にお伝えします。

形式的なメリットは当然ありますが

個人的に感じた大きなメリットはズバリ

社長として、自社の事業が整理できる

そして

より具体的に落とし込むことで社員へのビジョン共有の指針ができる

点です。

なにせ、自分の会社のことが一番苦手なもんで(^_^;)


続きは次回



【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 火曜日, 6月 24th, 2014
以前、経営計画書作成セミナーで次のようなことがありました。

宿題は、自社の強みと自社を取り巻く外部環境の変化でどんな機会やチャンスが
あるかを整理し、できれば一般に言うところのクロス分析ができていればグッドというもの。

記入シートが真っ白な方に質問しました。返って来た言葉は、“ 難しくて・・・”。

以下が“ 難しくて・・・”と感じられた、我が社の強みを再確認するための記入シートの
質問項目(一部抜粋)です。

①得意なこと、自信があることはどんなことですか?

②他社にはできないのに我が社にはできること?

③顧客があなたの会社の商品等を購入・利用する理由?

④顧客から評価されていること?

⑤業務の工程ごとに他社と差別化できていること?

お客様があなたの会社やお店から商品等を購入・利用している理由?

本当に分からない、なんてこことはありませんよね。
ただただ、宿題を考えて来なかっただけですよね!

Category: 未分類  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: admin
• 木曜日, 6月 12th, 2014


弊社で、3月末に経営革新の承認をいただきました


ここ3年ほど、ずぅぅーーと実現したいと思い続けていた

仕組がありチャレンジさせていただきました


企業様の事業計画作りや、販売の仕組づくりを支援している
弊社にとって、


落ちたら絶対まずいよね!


と思っていましたが、商工会議所の皆様の多大なる
ご協力のもと、無事面目は保たれました(^_^;)


また、弊社のお客様もとてもすばらしい事業だと思っている
会社も複数いらっしゃる中で

経営革新チャレンジされたらいいのに

という思いもあり

まずは自分で経営革新を取って、お客様にお伝えしたい

を実現する第一歩です。


経営革新の取得は実に様々なメリットがあります

詳しくは、熊本商工会議所へご相談くださいませ

経営指導員の皆さんが親切丁寧に教えてくれますよ!


次回から、私が経営革新を取得した流れを少しご紹介していきます



【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 日曜日, 6月 01st, 2014

6月に入り、いよいよ梅雨の時期となりました。
雨が降ると視界が悪くなりますので、車の運転等には
くれぐれもご注意ください。

さて、事務局からのお知らせです。

本年の2月28日より公募が始まった「創業補助金」の申請締切まで
後1か月となりました。

補助金の申請に際しては、
「認定支援機関による事業計画の策定から実行までの
支援内容について、当該認定支援機関の確認を受けている必要」

があります。

※①「認定支援機関の確認書」、②「認定支援機関と金融機関との覚書」
  が必要です。
※②については、認定支援機関が金融機関と同一の場合は不要です。

認定支援機関については、下記URL本文中の
「国が認定する専門家などの助言機関(認定支援機関)」からご確認ください。

※なお、熊本商工会議所は「熊本県事務局」の役を担っておりますので、
  当補助金については認定支援機関となれません。ご了承ください。


確認書等の書類準備には時間を要します。
お早目に近くの認定支援機関にご相談ください!

申請をお考えの方は下記URLより、「5.募集要項」をご確認ください。

http://www.kmt-cci.or.jp/manage/sougyou.php

【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: admin
• 木曜日, 4月 17th, 2014


弊社の仕事内容の便宜上

1)上司 = 仕事の段取りをする人(ディレクター)
2)部下 = 依頼を受け、実作業をする人(デザイナー)

という形にします。


上司のA君と部下のB君のペアで仕事をしていたのですが
お互い不器用だった為、遅くまで働いていたのですが
何とか仕事は回っていました。


ところがある事情でB君が退職しました。


急遽人材を募集し、B君の変わりにC君が来ることに


ちなみにC君は仕事経験も豊富で、できる人間でした


私は、C君が来てくれたことで
生産性は高まるとばかり思っていたのですが・・・


続きは次回



Category: 未分類  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Author: kmt-cci
• 金曜日, 4月 11th, 2014
賃料自動増額特約と借地借家法による賃料増減額請求

かっては、土地・建物の賃貸借契約では、一定期間の経過により
賃料を自動的に増額する特約を締結することがありました。

この場合、借主は、その特約とおり賃料の増額に応じなければ
ならないのでしょうか。

また、経済状況の激変で増額の特約が、実情に合わなくなった場合に、
貸主はその特約で定めたとおりにしか増額を請求できないものでしょうか。

この点、裁判所は、賃料の自動改定特約自体は、有効としつつ、
その特約によって、賃料を定めることが借地借家法の趣旨に照らして
不相当となった場合は、その特約に拘束されず、借地借家法による
賃料の増減額請求ができるとしています。

そこで、貸主としては、賃料の自動改定特約がある場合、それによる増額を
主張して収益の増大を図るべきでしょう。

他方、借主としては、現在の不動産の状況からすれば、特約が不相当である
として、賃料の減額、現状維持を主張することになるでしょう。

Category: 未分類, 法律, 経営  | Tags:  | 
【PR】このブログに投稿中の孔明’ずをはじめ、
各種経営のエキスパートが貴社の課題・悩みに
直接アドバイス・・・無料です!!詳しくはこちら>>
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes